上野ぷよe対戦会についてはこちら


年末のご挨拶

りべです。

 

今年一年皆様ありがとうございました。

 

私個人として今年あったことを振り返ってみると

・チャンピオンシップ優勝

・最強リーグ2部リーグ出場

・Redbull5G西代表

・夏菜のWAZAARI出演

・獣道解説

あたりが大きな出来事だったでしょうか。

 

 

最近発信が少なかったのは、今年のテーマとして「背中を見せる」年にしようというのがあったのと、単純に最近書きたいと思うことが少ないためです。

 

昨年までは自身の地位、役割、ポジションみたいなものを守ることが精神安定のための拠り所になってしまいつつ、実力不相応なことに手を出し過ぎて揺らいでいた部分がありました。ブログで偉そうに講釈を垂れる「ご意見番」的ポジションはその一助としてのものだったのでしょう。

なので一度そういうのをかなぐり捨てて、一から選手活動に注力することで自らの地盤を再構築しようという意図があったわけです。

 

これは昨年の全国eスポーツ選手権優勝の時から考えてはじめていたことではあり、それが形になったのは今年の6月でのチャンピオンシップ優勝のときでした。

努力らしい努力をようやく始めて、きちんと実力という面で周囲に認めさせたのがこの日だったように思います。

 

そうやって培った自信が安心感につながったのか、自界隈内でも肩肘張らずに自然体でいることが増えました。気を張っているときの僕は周りにとっつきづらいイメージを与えていたように自覚していましたが、今年は刺々しい部分がだいぶ和らいだのではないでしょうか。(何やらともりべという概念も生まれました)

 

 

ぷよぷよのために、eスポーツのために……みたいに外部に自身の存在意義を求めなくなって、そのとき自らがやりたいことに注力できるようになりました。

それらの存在意義を100%全て捨ててきたわけではないですが、身に余る重すぎる荷物はもっと分担して背負ってもらうということを覚えられた年だったのかなと思っています。

 

獣道の解説はその象徴的な出来事だったかもしれません。

ややこしい大義を捨てて、己のプライドのみに帰結する戦いの場というものに関わらせていただいたのは僕個人としてとても嬉しかったですし、きちんとその目的に則した仕事ができたせいかお褒めの言葉をたくさんいただけて何よりでした。ありがとうございます。

 

 

少し話が脱線しますが…

テトリス3強の経緯は傍から眺めていた立場でしかないのですが、2年前のkazu、ふれあが鬱屈していくような状況はすごくもどかしく感じていました。あめみやに勝ったのに公に認められている実感がないというのは、やはり当人たちとしても悲しく感じる部分があったのでしょう。

でもあめみや側の気持ちもすごく理解できて、対戦テトリス界隈の対外的な知名度において自分一人が切り盛りしているという現状、とにかく実力で追い抜かれたことを認めたくないプライド、様々な葛藤があったことは想像に難くありません。

 

それを獣道という大舞台で白黒はっきりさせたことで、彼らのもやもやした感情は一気に晴れたように見えたんですよね。

翌日に3人で通話して獣道の振り返り研究をする配信から、そういった部分への氷解が見られたのが本当に今回の一番の収穫かなと思っています。

やっぱり「ゲーマーの成長」を見ることが僕が一番求めていることなのでしょう。

 

 

対戦テトリス界隈は粒揃いの強豪が10代ばかりで、さらに後進が物凄い勢いで猛追している世界でもあります。海外にも長年続くコミュニティがあり、国内の最上位を凌駕するほどのさらなる若手強豪がいるということで、今後追ってみると間違いなく面白くなっていくことでしょう。

大きなことをするためには、どんどん大人たちに相談してみてください。

 

もしオフの場が必要とかであれば、上野BPTに来てくれればPS4も貸しますよ。

大会は…プラットフォームはぷよテト2だけど、しばらくはくらうどくんの大会が安定して開かれてると思うので。毎月僕も実況解説してます。

 

 

 

結局人の足跡を見て感情が動くのは、全て自分の歩みに重ねてしまうからだなと。

たくさんアホなことやって、失敗もしてきたけど、自分もゲームやっててよかったなと思えるから共感してしまう。

 

………

 

今年は本当に、まだ自分の成長を期待してもいいんだと思えるようになった一年でした。自分への諦め、後進へのバトン渡し、生きる拠り所を守るための自己保身ばかりを考えていた自分にとって、その心境の変化が今年最も良かったことだと心から思えます。

なので来年はもう少し自分を育てられるように、努力していけるように動いていければいいなと考えてます。

 

 

2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

緊急事態宣言下においての上野BPTの扱いについて

(8/24追記)

 

お世話になっております。りべです。

 

現在上野BPT主催の立ち位置としては、緊急事態宣言下において上野BPTという呼称を利用しての表立った集客、配信については行わないというスタンスで進めております。

ただし、Buzz e-Sports上野のスタジオ開放日は平常通り営業を行っておりますので、そちらに個々の裁量で足を運ぶ分には問題はない、という告知についても以前行いました。

 

 

しかし現状、主催以外の集客力のある面々による #上野BPT 参加ツイートなどで、参加人数がにわかに増大するケースがあること、そして近々の参加者による会食や接触を想起させる画像の投稿などにより、自粛に努めておられる一部の皆様の反感を買ってしまっていることを、当方もいたく認識しております。

 

もちろん現地では換気、消毒など最低限の感染対策を行った上でのものではありますが、上野BPTのシステム上主催がすべて参加者の行動を管理しているわけではないため、どうしても個々の皆様の良識に依存している部分が強く出てしまいます。

 

このような状態が続くようですと、制限を最小限に抑えて上野BPTを催行している意味もなくなってしまいますし、個々の行動がエスカレートした末のクラスター発生を憂慮しての催行の中止も視野に入ってきます。

ご参加いただく皆様には今一度、現状況下にてどのような行動が望ましいか再考いただくようお願い申し上げます。

 

今後とも上野BPTをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

--------------------

 

(8/24追記)

 

首都圏での感染拡大状況、デルタ株の蔓延など諸事情を加味しまして、当面の間上野BPTの開催を中止させていただきます。

再開時には再度こちらにてご案内いたします。

皆様方にはご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA 優勝と年末のご挨拶

りべです。

 

 

2016年以来4年ぶりに、公式の大会で優勝しました。

 

ここ最近コロナ禍の影響もあり、物事への取り組み方や考え方を変えようとしたり、そんな中でも全く動けなくなったり、心療内科に行ったらうつ傾向だと言われたり散々で、何も楽しくない日々がしばらく続いていました。

 

そんな中で、もう年末だし何もできてないし生きてる価値ないなあ~と思いながらただ生きていると、今年のSASUKEの情報がTBSの公式YouTubeから大量に流れてきたんですよ。

 

www.youtube.com

え!?あの山田勝己と長野誠が復活!?ってなりました。

 

そもそも昔からSASUKEはよく見ていましたし、「闇夜に山田ひとりぼっち」の古館実況はリアルタイムで聞いていました。山田勝己の「俺にはSASUIKEしかないんですよ」の名言も聞き覚えがありました。

二人とも55歳と48歳なのにようやるなあと。その程度に思って色々動画を見て回ったら、思った以上にめっちゃ自分の周りとダブつくところがあって。

やっぱり人の積み重ねてきた歴史があるってだけでこんなに面白いんすね。

 

 

SASUKEって、みんな1年に1回しかないチャンスに向けて鍛錬して、晴れ舞台に挑んで、仲間と泣いたり笑ったりしてるんですよね。

これって、昨年の茨城国体での全国eスポーツ選手権そのものじゃんって思ったんですよ。参加する本人たちが何を大事にして、いかに誠心誠意取り組むかでそれぞれの解像度が変わってくるもの。

どちらも記念参加の人もいれば、人生をかけてまで本気で優勝を目指す人もいる。

 

なんかそういうことを考えてから、昨年かぴーくんが悔しそうにしていたところに自分がなんで声をかけたのかとか、どうして「来年また頑張って一緒に戦おう」って言ったのかとかを徐々に思い出してきて。

自分の中で大事なことを蔑ろにしないように、精一杯やろうと今一度思えたわけです。

 

 

今回僕が優勝したのは一つの結果に過ぎません。まだまだ実力が足りてるとは思いませんし、晴れ舞台ではもっといい勝負ができると思っています。

だからこそ、全国eスポーツ選手権もSASUKEのように長年続いていって、みんなが本気になれる場として存続してほしいと切に願います。

今年はオンラインだったのでなかなか実感もわかなかったかと思いますが、そこを目指して集まれること自体が一番楽しいことだと、昨年参加した皆さんは多分知ってますよね。

 

 

そうやって大事なことを思い出せたのも、ずっと一緒にぷよぷよやってきた仲間がいたからだなって思いまして。今までの自分はやっぱりどこか傲慢だったんだなってなって、様々なことを周囲から一から学ぶ姿勢にシフトチェンジしました。

今までの自分は独りよがりで、背伸びしすぎていたんだと思います。自分がやらなければ誰もやらないと勝手に思い込んで、身に余ることを背負い込んで潰れて。一つ企画を考えていたときに、周りに相談した際に強く言われてようやく気付きました。

 

だから、今はもうちょっと純粋なぷよぷよバカに還ろうという精神状況ですね。

多分僕も不器用で、人生ぷよぷよに極振りしてる分、自分のあり方を考え直そうと思い至ったわけです。

 

 

ほら、例えば山田勝己が自分頭良さそう~なこと言って知識ひけらかしてたらやっぱ嫌じゃないですか。絶対そんなキャラではないw

天然で変なこと言ったり、すぐ泣いたりするところが色々と笑い物にされることもあるけれど、同じSASUKE仲間にめっちゃ慕われてんだなーって知っていくたびに思って。

もっと自分が向かうべきなのはこういう存在なんじゃないかと感じたのです。

 

 

ここまで3年間プロとして走ってきて、やっぱり人間らしさというか、そういうところまで含めてただただ歩んできた人生を見せることしか自分にはできないと思います。また、皆さんが僕に求めているのも、そういう部分なのかなと勝手に思うことにします。

キザったらしいエモ記事も今後少なくなるとは思いますが、来年はもっとカッコつけることのない、素の自分で皆さんにお会いできるようまた再スタートさせてください。

 

これをもって、年末の挨拶と代えさせていただきます。

 

 

良いお年を。